Biography

minikyute [Biography]

mini kyute - ミニ・キュート -

デビューアルバム『Souvenir』(2006年) が世界9カ国でリリースされ、収録曲がテレビアニメ主題歌に起用されるなど、各方面から高評価を得たエレクトロニック・ポップデュオmini kyute (ミニ・キュート) 。
このたび、ボーカルにShiho (Sucrette) を迎え、Shiho (Vo) +斎藤知康 (All Instruments) の新体制で再始動いたします。

・無機質と手作り感
・硬質な電子音と柔らかな女声
・循環する律動と展開する旋律
・男の子と女の子
・直線と曲線
・平面と立体
・倦怠と高揚

相反する要素を絶妙なバランス感覚でブレンドした、小粒で可愛らしい箱庭エレクトロニック・ポップをあなたのもとへお届けいたします。

Tomoyasu Saito - 斎藤 知康 - (All Instruments)

作曲家、編曲家。
'60-'90s ジャパニーズポップ、フレンチポップ、UKインディーポップの影響を色濃く受けた表情豊かなメロディーに、ハウス、エレクトロ、アンビエントなど多様な電子音楽の音像をシームレスに編み込んだ、折衷センス溢れるトラックメイクを身上とする。

2001年にmini kyuteのEP「Sanctuary」でCDデビュー。同作品のアナログ盤がアメリカでリリースされた他、収録曲がTV番組のテーマ曲に起用されるなど、ジャパニーズインディーポップの枠に留まらない高評価を得る。

以降はmini kyuteの活動と並行し、国内外アーティストの編曲やリミックスを手がける。ハウス/テクノのDJとしても活動。

Shiho - シホ - (Vo)

ボーカリスト。
幼少期からピアノを習い始め、その後音楽高校を経て音楽大学の声楽科を卒業。主にフレンチポップやブラジル音楽などのワールドミュージックや、クラブミュージックからの影響を大きく受け、声楽の発声の基礎を生かしたウィスパーボイスの歌唱法で歌う。

現在並行して活動を行っているSucrette(シュクレット)では、1stミニアルバム「C'est si bon」で2007年にCDデビュー。国内ではTV-CMタイアップにも多数起用されており、2009年にはイギリスで開催されたElefantRecords主催のイベントに出演、またコンピレーションアルバムに参加するなど、海外からの評価も高い。